トップ  > より効果的なチラシ・パンフレットを作るためのチェックリスト

より効果的なチラシ・パンフレットを作るためのチェックリスト

効果的なチラシのチェックリスト


目的をひとつに絞ってあるか?

 ダメ例) 商品の宣伝、お店の宣伝、社員の募集、代理店募集のごちゃまぜ


明確なコンセプトがあるか?営業上の設計図が書かれているか?
 例) 集客が目的か、それとも資料請求が目的か。

毎回配るチラシに、前回との関連性を持たせる。
 例) ○○ニュース 第○号

クーポン券、返信ハガキ、録音テープ等により効果を計測することが可能か?  効果を計測しないチラシは、カネをどぶに捨てるようなものである。

外枠を効果的に活用しているか?
 枠はイメージをあげるため、色を少なくしてもチラシのクオリティを落とさない。
 毎回配るために、認知度を上げる効果をもつ。
 例) 社長からのメッセージ、店のポリシー、営業エリアなど

地図は見やすいか?
 できれば立体地図にする。目安になる場所は、イメージのいい場所とする。

電話番号は、大きく掲載されているか?
 「少し大きいかな」と思っても、もうひとまわり大きくする。

電話番号に上には、「今すぐ!」と書いてあるか?
 良例) お電話は今すぐ!「チラシを見たので、??を下さい」と言って下さい。

電話番号は、数多く記載されているか?

電話番号の近くに担当者名が書かれているか?

電話番号の下に、営業時間と休日は書いてあるか?

商品紹介のメリハリは取れているか?
 ダメ例) フロントエンド商品も、バックエンド商品も、同じように横並びにしてある。
 むしろ、バックエンド商品は掲載しなくても良い

商品ごとの営業ステップは明確にされているか?
 ダメ例) ティッシュも、100万円の旅行も、どちらもシングルステップで販売している。

お客様の声は、次のステップへ誘導するものになっているか?
 ダメ例) 資料請求を目的としている広告なのに、購入したメリットを強調する声になっている。

十分な数のお客様の声が掲載されているか?
 多ければ多いほど良い。少なくても7人以上は掲載すること。

お客様の声は、信頼できるか?
 出来れば実名、年齢、地番を除く住所を掲載する。可能ならお客様に顔写真入りで出てもらう。また電話番号を記載するのは、極めて効果的。もし、実名がダメでも、仮名でもフルネームで書くこと。
 例) 佐藤昌弘様 (許可をもらえなかった)⇒佐島昌男様 (これで許可をもらう)

信頼性を訴求しているか?
   ○○テレビCM放映中!
   ○○新聞に掲載!
   著名人の推薦文
   新聞・雑誌記事の掲載
   実績の掲載

問題・問題点の炙りたて、解決策の提示の公式を活用しているか?

オファーは協力か?オファーの価値を高める工夫をしているか?
 (希少性、限定)
 オファーが弱ければ、数を増やすのが最も手っ取り早く反応が増加する。

反応する方法を複数用意しているか?
   20代⇒Eメール
   30代~40代⇒電話・ファックス
   50代⇒ハガキのレスポンスが良くなる。

警戒心を解く、安心感を出すための工夫をしているか?
 安心感を出す写真を数多く利用しているか?
 例) 社長の笑顔の写真、社員の笑顔写真、社員とお客様との写真
 社長の写真の下に「ドラゴンズファン」の注釈なども効果的

裏面を見せるための工夫をしているか?
 例) 「驚きの○○は、裏面をご覧下さい⇒」

クーポン券、ハガキ等の切り取り線を目立つようにしているか?
 ハサミのイラストは大きく入れているか?

重要なポイントは、写真でサポートされているか?

写真の下には、キャプション(ベネフィット説明書き)が伝わるように書かれているか?

ウソはないか?お客さんは、ウソは直観で見抜く!!

自分の言葉で書いてあるか?
 お客様は、第六感を持っている。モノマネがうまく行かない理由はココにある!

あえて、欠点を認めているか?あえて致命的でない欠点を認めることで、その他は全部真実だと思わせる事ができる。

制限数量、期日限定がされているか?

保証をつけているか?
 保証は、最終ステップに対する保証ではなく、次のステップに進むための保証である。

チラシの大きさ、厚さを代えてテストしてみたか?
 資料請求チラシの場合、B5厚めチラシ、A4変形チラシの反応が良い場合が多いと言われている。


 

0835-38-1150

お問い合わせはこちら

 

〒 747-0013

山口県防府市沖今宿2-1-25

TEL:0835-38-1150

FAX:0835-22-3232

かんたんホームページ
 
おくすり管理BOX

banner-01